top of page

里山のようちえん4月「春の里山いきもの探検と天ぷらうどん作り」

ホールアース自然学校の人気プログラムである、

「里山のようちえん。」


それは、年に6回開催される、

一泊二日の食育プログラムです。


今年度の初回は、

「春の里山いきもの探検と天ぷらうどん作り」

春の里山を全身で感じて、

そして自分で採取した野草で天ぷらうどんを作りました!



今回は3組のご家族が参加。

中には初めての方もいたので、

まずはホールアース自然学校の敷地内を探検。




生き物を探しながら歩き回ったり、

動物たちと触れ合ったり。

そしてそのまま階段を下りていき、

下サイトと呼んでいる場所で

天ぷら試作用の野草を採取しました。


大人は野草を必死に採取。

子どもたちはというと、

野草よりカエルやトカゲ。

動くものに敏感に反応し、

無邪気に追いかけていました。



天ぷらうどん作りは2日目だけど、

おやつで天ぷらを食べちゃおう。


たくさん歩いて疲れたみなさん。

おいしそうに天ぷらを味わっていました。



夕方にお腹がすくのは人間だけではありません。

夕方は、ホールアースの動物たちのお世話の時間。


夕食の前に動物のお世話を協力して行います。



動物のお世話は楽しいだけではありません。

フンなどのお掃除も最初は嫌がっていましたが、

気が付けばお掃除に夢中。



心なしか動物たちもうれしそうです。



夜ご飯は全員で一緒にいただきます。

おかわりもたくさんしてくれました。


これでおやすみ~ではなく、

里山に来ているのだから、

夜の探検に行かないなんて

もったいない!


ライト片手に生き物探し!

スタッフも写真を撮り忘れてしまうほど、

一緒に夢中になっていました。



そして二日目。

朝食の前に昨日と同様に動物のお世話。

途中看板犬のサトはネコとにらみ合い。

なぜサトはふせているのだろう。



動物のお世話が終わり、

朝食を食べたら、

いよいよ天ぷらうどん作り!


袋に材料を入れて、

まとまるまでこねたり踏んだり。

薄くのばしたら包丁で麺に。

細くまっすぐに。

時にはあえてほうとうのように太く。

家族ごと、自由なうどんが完成しました。

採取した野草の天ぷらも揚がり、

そしてついに天ぷらうどんの出来上がり♪


自分で食材を調達し、

自分で調理して、

そして味わう。


昔の人々は、その活動を当たり前のように実施していました。それが今では誰かが採取したり、育てたり、作ったりしたものをお金を払って食べている人がほとんど。


どこにいても各地の食材を食べることができる便利な時代ですが、そんな便利な時代だからこそ、自分で採取し、調理し、食べる体験が子どもに、そして親御さんに気づきや感動を与えるのだと思います。


---------------------------------------------

今回の里山のようちえんの概要を知りたい方は、

こちらをご覧ください。


また、今年度の里山のようちえんの

詳しくはこちらをご覧ください。

Comentarios


bottom of page