【ウェビナー】企業の健康経営・SDGsに貢献するツーリズムの提案

1/11

~地域活用による企業の健康経営に向けた可能性をさぐる~

静岡県富士宮市の猪之頭地区は、朝霧高原にほど近い富士山の西麓に位置し、

「富士山の眺望、湧水、森林」などの恵まれた地域資源を活用し、

“五感で癒される湧水の里いのかしら”をキャッチフレーズに、

現在、企業従業員の生活習慣病予防やメンタルヘルス改善に向けた健康づくり、

研修等のフィールドになることを目指した取り組みをスタートさせています。

今回、令和3年度林野庁補助事業「森林サービス産業」

モデル地域(健康経営分野)の指定を受けて

12月4ー5日に実施したモニターツアーの様子をご報告すると共に、

このツアーが心身にどのような影響を与えたかなどについて、

以下のような内容でご紹介いたします。

〇基調講演「自然を活かしたオプティマム・ヘルスの提案
~従業員の予防・健康づくりに向けて~」
(山本竜隆氏/朝霧高原診療所医師、日月倶楽部オーナー)
〇レポート①「富士山ヘルスツーリズム」モニターツアー実施概要

(植松政臣氏/NPO法人猪之頭振興協議会)
〇レポート②「森林を活かした予防・健康づくりの可能性
~モニターツアーのエビデンスから見えたこと~」
(高山範理氏/国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所)
〇モニターツアーへ参加しての声
〇事例紹介「富士山麓の森での社員研修・CSR/CSV・ヘルスツーリズムのコンテンツ紹介」
(夫津木学氏/NPO法人ホールアース研究所)
〇提案「未来の森サポーター協定制度のご紹介」
(橘川渉氏/静岡県環境ふれあい課、猪之頭振興協議会)
〇ディスカッション

以上、静岡県内の中山間地域の振興を兼ね健康経営や、地域振興、SDGsをテーマに、

地域活用による企業健康づくりの課題解決に向けた新たな可能性を探ります。

​日時

2022年2月13日(日)13:30~16:00

形式

オンライン配信(ZOOM)※直接参加をご希望の場合は、下記事務局までご連絡ください

内容

基調講演、富士宮市猪之頭での取組説明、エビデンス紹介、ディスカッション
【登壇者】
 ・朝霧高原診療所医師・日月倶楽部オーナー 山本竜隆 氏
 ・国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 高山範理 氏
 ・静岡県環境ふれあい課 橘川渉 氏
 ・NPO法人猪之頭振興協議会 理事 植松政臣 氏
 ・NPO法人ホールアース研究所 夫津木学 氏

​対象

企業・健康保険組合 健康経営・研修等ご担当者様など

【こんな方におすすめ】
 ・コロナ禍で社員の心と体の健康が心配
 ・健康経営と言っても、何をしていいか悩んでいる
 ・企業の健康経営やSDGsの取組事例が知りたい

参加費

無料

申込み期限

2022年2月10日(木)正午

主催

NPO法人猪之頭振興協議会

協力

猪之頭振興協議会

静岡県、富士宮市

連携・協働団体

お問い合わせ

猪之頭振興協議会
(事務局担当/NPO法人ホールアース研究所 担当:今永)
TEL:0544-66-0790(9:00-17:00)

FAX:0544-67-0567 

E-Mail:npo@wens.gr.jp